2020年09月30日

学校まで歩くことは必ずやらなければならない事なのか?

小学生、中学生なら学校まで徒歩で歩く。

これは常識なのでしょう。


そう、常識なんて通用しない我が息子(笑)

学校まで歩きたがりません💦


けれど学校まで歩くことにより体力がつくことは確かです。


そこで「学校まで歩かない代わりに山登りに行くぞ!」と脅しています(汗)


息子としては学校まで歩くことに興味がないのですよね。

楽しさも見いだせない。

歩けばそれなりに楽しいのかもしれませんが、ランドセルが重くて辛いとか色々とあると思うんです。


もともと一つのことを長い時間やることが苦手な息子。

歩くことも同様に長い時間をかけてひたすら歩くことが息子には向いていないみたいです。


我が家から学校までは子供の足では30分はかかります。

これが息子にとってはひたすら長く感じるのでしょうね・・・


しかし、体力はつけてもらわないと困る!

そこで学校まで歩く代わりに《朝の散歩》をやってみました。


場合によっては30分も歩くこともあります。

けれどたいていは20分くらいかな✨

その時間だと息子も『歩くことって楽しいね』で終われるみたいです!


これってとても大切なことだと思うのです。

嫌なことや辛いことをひたすらやるよりも、楽しかったことをやった方が身になりやすい。

朝の散歩を楽しくやって体力をつけたら、もしかしたらランドセルを背負っての登校も楽になるかもしれない!

そう願って体力をつける方法を《朝の登校》から《朝の散歩》に変えてみました。


そして朝、体を動かすことに楽しさを覚えた息子が次に自発的に始めたことがあるんです!!!


《縄跳び》や公園での《ボール蹴り》でした!!!


学校の支度をして時間が余ったら自分から「縄跳びしてくるわ!」と言い出すようになったのです✨


気候のせいもあるかもしれませんが(最近めっきり涼しくなりましたからね)家にこもりがちな息子が朝の散歩や外での活動を自発的に《したい!》と言うようになりました。



もう、それなら無理やり学校まで歩くことにこだわらなくてもいいよね💦

って自分に言い聞かせております(笑)


どうしても心のどこかに《学校まで歩けるようにさせなければならない》みたいな思いがあるんです。

それはやはり近所の人に「学校まで歩くの慣れた?」とか身内に「学校まで歩くとどれくらいかかるの?」などと聞かれたときに答えられないから(笑)


まだまだ世間体を気にしているのか、私!?

きっと「車で送ってます」なんて言ったら何を言われるかわかっているからだろうなと自己防衛な気もするんですけれどね(^^;)


そういう質問にはとりあえず適当に答えておけばいいのだと思っているのですが、それを見た息子はなんて思うだろう?とかね(笑)


胸を張って「うちは車で送っていく主義なんです!!!」と言える日が私に来るであろうか・・・?



とりあえず、楽しいから始まってどんどん自主的に体を動かし始めた息子。

やっぱり楽しいってすごいね!!!

自発的に動けるってすごいことだから!

朝の家事の時間をずらして息子に付き合いたいと思っているのです。


そうなると私の行動予定もどんどん狂ってくるわけで・・・(笑)

実はそのうち外で働くことを見据えて息子を学校へ送るまでにほとんどの家事を済ませていたのです。

そうなると朝の声掛けや息子に付き合う時間なんて1分もない!!!!(笑)


最近、外で働くか、在宅で働くかを悩みに悩んでどちらとも決心も付かずだったのですが、今日の息子を見て決心が付きました!

「よし!在宅で働こう!そのうち息子もママから離れる日が来るだろうから、その時は外で働こう!」

そう決心が付きました。


私の在宅事情はまた書いていこうと思います。


さて、外で縄跳びをしたり、今日なんかはシャボン玉もしていましたが、そうなると切り替えが難しくて遅刻すれすれでした・・・💨

それではいかーーーん!!!


となると「時間を守ると明日も出来るよ!守れないと出来なくなってしまうよ!」と小言を言ってしまう私・・・


「明日も出来るよ!」で言葉を止められない・・・(涙)


さらに「時間があると遊びたくなって時間も守れないから明日から学校まで歩くか!」と言ってしまう始末です・・・( ノД`)シクシク…


あれ?学校まで歩くにこだわらなくていいじゃんって思ってなかったか?(笑)

コロコロと考え方が変わってしまう・・・

まずは私が変わらなきゃだな・・・💦



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチっと押していただけると励みになります♪



人気ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





posted by なっこ at 09:02| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

アプリで息子の朝のルーチンを確立できた!とある記事を目にして息子に実行してみた!

毎朝「顔は洗った!?」「歯は磨いた!?」「もう学校に行く時間だってば!!!!!」

毎朝戦争だった我が家・・・(笑)


可視化に訴えて朝やるべきことを一覧にしてもみましたよ。

今まではよくあるマグネットにやることを書いて、ホワイトボードに貼り付け、終わった項目から剥がしていくということをやっていました。

しかし小学校に上がってからは学校と同じようにしようと、朝やることを一覧にしてホワイトボードに貼り、マグネットで矢印を作り、どこまで進んだかを矢印で指していく方式に変えていました。


どちらもね、続かない・・・( ノД`)シクシク…笑



息子も見てはいるものの、顔を洗ったらマグネットを剥ぐことを忘れたり、矢印を動かすことを忘れたり・・・

どうしても私の協力がないと先に進めないし、続かないのです。

しかし、朝の忙しい時間、なかなかべったりと付き添うことも難しく、あるけれど有効に生かせていないことが多かったのです。



結局は私が口頭で「ホワイトボード見た!?何までやった!????」と確認し、ぜーんぜん進んでないと「おい!💢」となることも増えてしまっていました。



そんな時、ある記事を目にしました。

それは大人の方の話だったのですが、ADHDがあるその方はやらなければならないことを忘れてしまうと書いてありました。

息子と同じ!


メモをしてもメモの存在を忘れる、やることを記憶しておくことが難しいなどなど書いてありました。


そしてその方が取った策が、『AIに頼ること』でした。


その方はアマゾンのアレクサを活用していました。

アレクサにはリマインダー機能というものが付いていて、日常のルーチンを登録しておくとアラームや設定次第では『声』で教えてくれるそうです。


ほぉぉぉ!!!

すごい!

と思ったのですが、飽き性の息子にアレクサを買う勇気が私にはなく・・・・


色々調べてたどり着いたのが、『アプリ』でした。


携帯のアプリにもルーチン管理をしてくれるアプリがあったのです!


私がインストールしたアプリはこちらです

ルーチンタイマー 時間管理 ADHD 


息子には夫が使わなくなったアンドロイドにルーチンアプリをインストールして渡してみました。

こちらのアプリ、作業とそれぞれの作業の所要時間が登録できます。

何をしたらよいのか、画面を見れば書いてあるし、声でも教えてくれます。

「今から3分間、《かおをあらおう》をはじめてください」という風に!

「残り2分です」と設定次第で残りの時間も教えてくれます。



さらに時間内に終わったら進むボタン > で先に進めます。


どんどん進めていくと最後に「お疲れ様でした」と言ってもらえます(笑)


目で見てもわかるし、声に出してくれるので耳でも聞き取れる。


これが息子にはドンピシャにはまりました!

今のところ(笑)


しかし・・・


現実は甘くなく・・・


アプリの入った携帯自体を忘れます・・・(笑)


アレクサは置いておくだけで自動で時間になれば話しかけてくれるのでしょう。


携帯のアプリはこちらから開始しなければ開始されません。

そう、息子はアプリの存在も忘れてしまうのです。

朝起きてアプリを開始、じゃなくて折り紙開始~とか・・・💦


ここはもう、アプリの開始は私の役目だと割り切ってみました。


さらに携帯のアラーム機能も使い、起きる時間や学校に行く時間なども細かく設定して朝の時間を管理することにしたら、私のイライラが減ったどころかなくなった!!!


いちいち私が言わなくてもアプリが言うことを息子は一人でこなしていけるのです。

あんなに毎日口うるさく「メダカのご飯はあげた!?え?まだ!?💢メダカさんお腹空かせてるわ!!!」との嫌味もなくなった(笑)


朝が快適になりました~♪


もっと早く使いたかった・・・💦



朝からなんやかんやと言う方も嫌だし、言われる方も気分悪いですよね⤵


息子に合った方法が見つかってよかったです。


朝、困っている方、ぜひお試しください!



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチっと押していただけると励みになります♪



人気ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



posted by なっこ at 15:58| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

本当の感覚過敏って何!?

先日、担任の先生から驚くことを言われた!

「息子さんの感覚過敏や臭覚過敏は本当のものではありません。クラスに本当に感覚過敏のお子さんがいますが、そのお子さんと違う反応をします。
息子さんの場合は嫌なものから逃げようとしているだけです。」

と言い切られてしまいました・・・。


では何をもって本当というのか・・・


驚いて突っ込めませんでした(笑)


嫌なもの=不安なもの

不安から感覚が過敏になることってあるのではないのかな?

家では確かに雷の音や聞きなれない換気扇の音に敏感で拒否反応を示します。

化学繊維の服が着れなかったりもします。

けれどかなりその時の気持ちにも左右されることも事実です。




もしかしたら【ふつう】とか言われる感覚過敏とは違うかもしれない。

けれど不安から感覚がいつもとは違う肌触りに感じているのかな?と思っていました。


《嫌なものから逃げようとしている》

だとしたら、何が嫌なのか?体育の何が嫌なのか?

私としては息子自身もいったい何が嫌なのか?わかっていないみたいなので、気づけるといいなと思うのです。


その中に《自分は何が嫌なのか?》もあると思うんですよね。


息子にはそれに気付いてもらって説明できるようになってもらうと、息子自身も楽になるのでは?と思ってしまうのです。


ハードル高いかな?💦


そんなこんなでモヤモヤしていた時に、セカンドオピニオンを受診しようとしていた病院の診察日がありました!


そこで医師に聞いてみました!

私「先生!うちの子の感覚過敏やらは本当のものとは違うって担任の先生に言われてしまいました・・・。本当に発達障害なんでしょうか・・・?(涙)」

言っていて涙出ましたよ💦

発達障害のお母さんってどこかしら不安を抱えていて、色々な人に色々なことを言われていると思うんです。

私もそうですから。

だから迷うこと、悩むこと、思うことがたくさんある!

それを助長させる発言は受け止める側としては本当に苦しい!


医師からは「嫌だから不安が強くなる。不安になれば感覚に支障をきたす。

まずは不安を取り除くことが大切ですよ。学校の先生といえども詳しくない方もいらっしゃいますからね。」

と言ってもらえました。


そして新しく診てもらった医師の所見としては《軽度の自閉症スペクトラムと中程度のADHD》でした。


検査は一度行うと2年間は間をあけなければならないという新事実も発覚!!!!

私が知らなすぎなのかな・・・(笑)


とりあえず、感覚障害を本当かどうか?と疑うのではなく、不安をどう払しょくしてあげるのか?そこだそうです!!!


そうだ・・・

先生と戦いたくなったけど(笑)そうではなく、息子の不安を軽減するためにはどう動いてくれるのかを話し合ってこなければ・・・💨



理解を示してくれる方がいる一方でまったく理解を示してもらえない方はいる。

その方の見解を変えるのではなく、私の考えや医師との考えと交わっているところを探してそこを話し合う。

これが一番建設的な感じがしました。


今回の件で私も少し学べましたよ。

さて、月末辺りに先生との面談を申し込んでいました。

よし!!!


戦う気満々だったけど(笑)ブログにアウトプットしたらとても良い考えが生まれたよ!!!


もしこのブログを読んで悶々と頭の中で考えている方がいらっしゃったらぜひ文字にするなり、人に話すなりでアウトプットしてみてください!


私はこうして文字にしたことでかなり整理がつき、新しい考えも生まれました~✨

息子にも考えを文字にしたり表すことを学ばせたいな!



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチっと押していただけると励みになります♪



人気ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村








posted by なっこ at 14:23| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

夏休みは短い方がいい!

今年はコロナの影響で夏休みがな、なんと!


18日しかありません💦

通常なら一ヶ月近くありますが。


しかし、これが功を奏して我が家的には本当に助かりました。

発達障害を持っていると、長い期間他者との関わりを避けると良くないそうです。

せっかくお友達との関係や先生との関係が良好になりつつあったのに、夏休みで長い間関わりを立たれてしまうと夏休み明けにはゼロ近くに戻ってしまっていて、また関係の構築をしなければならなくなるそうです。


そうなると子供にとってもかなりのストレスがかかるし、負担になる。

開始早々良好な関係をスタート出来ないとなるとまた注意される回数も増える。

そうなればまた自己肯定感がだだ下がる。


なので長い夏休みには【デイサービス】を利用して極力他者との関わりを立たないようにした方が良いそうです。


しかし!

我が息子くんは放課後デイサービスを拒否中。。。


私も今は学校での人間関係でいっぱいいっぱいなのに、枠を広げてしまったらかなりの負担になるだろうと放デイは見送っていました。


早いうちから夏休みが短くなる情報を得ていたので、見学にも行っていませんでした。

放デイは夏休みだけの利用は出来ないと聞きます。


夏休みにも利用したいのならば早くから見学に行って申し込まないといけないみたいでした。


しかし本人が行きたがらない以上は無理強いはできない・・・


行きたがらない理由もまだ見学に行っていないからだと思うのですが、今回の短い夏休みは【休息期間】ということで、家で過ごしてもらうことにしました。


さて、18日しかない夏休みだけど、どう有意義に過ごすか!?



悩ましいところです。



最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチっと押していただけると励みになります♪



人気ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




posted by なっこ at 00:00| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

子供に暴言を吐く母親 ひょっとして私って毒親!?

最近、息子にきつく当たってしまいます。

【毒親】という言葉をネットでよく見かけるようになりましたね。


息子に「バカじゃないの!」

「頭を使って考えなさい!」と言う度に私の頭には【毒親】の文字が浮かぶのですが、止められない💦



そして挙句の果てには怒りの矛先を息子の頭にバチーン👊💢と・・・


息子に人を叩くことはいけない!と教えているのに、その私が人を叩いてどうするのか!と・・・猛省💦


キツく叱った後や叩いてしまった後は必ず謝るようにしています。


少しでも【毒親】から逃れたくて・・・(笑)



バカじゃないの、はヒドイですよね・・・


息子は自分で考えることが難しいことを知っているにも関わらず、考えられないことにイライラしてしまって放ってしまう言葉。

こちらから考え方や色んな案を提示すれば考えることができるのに、それを放棄して出来ない息子にいらだちを感じてしまうのです。

今の私の支援方法は息子に添っていないから息子もつまづいているのではないか?そう思いながらも、支援方法を模索している私です。

もう少し小学生らしい支援の仕方を!!!って。


小学生らしいってなんでしょう?

もう少し支援を削ってももう一人で出来るでしょ!?そんな勝手な思いが私の中にあって、それが出来ない息子に苛立ちがあって。


そんな風に感じます。


コロナでペアトレのフォローアップも叶いません。

講習などもない。

人との接点が持てない今、誰にも相談できずに「自分はダメな親なんだ」と私のように思っている方っていると思うんです。


自分もそうなんだけれど、どうしたらそういう方を救えるのか?!


どうしたらみんなで頑張ろう!って励ましあって支え合えるのか!?


正直言って発達障害の子供を一人で見ることはとてつもなく大変です。


夫は話は聞いてくれるけれど、息子の支援には関わりません。




息子の支援にも戸惑いながら、自分自身にも戸惑う・・・

そんな親御さん、多いのではないのかな・・・






posted by なっこ at 00:00| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

インチュニブを辞めてよかったのか?多動が目立つ気がする・・・(笑)

さて、インチュニブを飲まなくなって12日が経過しました。


飲んでいた時はあまり効果を感じられていなかったインチュニブ。


最近、何だか息子の多動が目立つ気がする・・・(笑)


やはりこれはインチュニブで抑えられていたのか?!


ずっとダイニングテーブルの周りをウロウロする息子。

寝転がったり座っている時に足元にある物を絶えず足でいじっている息子。


よくゴミ箱をいじり、倒してゴミを散乱させて私に怒られるという・・・(笑)



テレビを見ていても前ほど集中できずにいる気がする。


これってやっぱりインチュニブを飲んでいないせいなのぉぉぉぉ!?


土日はコンサータを飲まないので特に違いがわかる。

コンサータも夕方には切れてしまうので、夜はちょっと落ち着きが無いけれど飲んでいない土日ほどではない気がする・・・



なんだろう!?

インチュニブを飲み始める前はここまで多動がひどかった感じがしなかったけれど・・・


落ち着いていることに慣れてしまっていて気になるのか?

それとも私が気になるだけなのか!?


多動って難しいと思うんですよね。


学校での多動は問題に成りやすいと思うんです。

例えば授業中に座っていられずに歩き回ってしまうとか。


家での多動って【ちょっと運動が足りないのかな?】ぐらいで済むときもあるんです。


ただ、一緒に暮らしている私達がウロウロしている息子が気になってしょうがない!イライラする!となればそれも問題になるのかな?


けどそれって私達が受け入れれば良いことであって、ウロウロしているのであれば外に連れ出したり、体を動かす遊びをしたらいいだけな気もするんです。


出来ないときもあるけれど・・・


後は落ち着かなくて本人が困っているのであれば解決させなければならないでしょうが・・・



本人に聞いてみました。

「最近落ち着きが無いね。やっぱりお薬飲まなくなったせいかな?どうしたい?落ち着くなく動いて注意されるのも嫌だよね?」

と聞いてみましたが、息子からは

「そうだね、けどあれは飲みたくない。」


と言われてしまいました。


そうなれば、もう少し様子を見てみて、学校生活にも支障が出たり家庭でどうしても受け入れられないとなれば違う薬を医師から提案してもらうしかないのかもしれません。



お薬との関わり。


本人が納得した上で飲ませたいと思うのです。

そして飲まないで済む方法があれば出来る限り飲まなくていい方法を取りたいと思うのです。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチっと押していただけると励みになります♪


人気ブログランキング


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



posted by なっこ at 00:00| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

インチュニブの服用を辞めました

インチュニブの飲み忘れから始まった息子のインチュニブへの拒否反応!


病院の先生に相談してきました。


電話で相談した時に看護師さんからは「先生から許可が出るまで飲み続けてください。」と言われたけれど、飲むことを断固拒否した息子です。

その拒否に負けた私です・・・(笑)


だってね、この薬って本人が納得した上で飲むものだと思うんですよ。

だけどまだ幼くて自分で判断することが難しいじゃないか!と言われたらそうなんですが、今からでも自分で判断することをやって欲しいと思うんです。

判断させるには正しい情報を与えないといけないんだと思うんです。



例えば息子が気にしている【プンプンすることが減るよ】とか【落ち着いて過ごせるよ】とか息子が理解できる言葉で情報を与える。

けれど効くか効かないかは飲んでみないとわからないよ。

そしてお薬を飲んだからと言って100%プンプンしなくなるなんてことはないよ。自分でも我慢する心を育てないといけないよ。

もし体に合わない「頭が痛い、気分が悪い」などがあったら教えてね。他の薬に変えよう。



そう伝えたら息子が納得して飲み始めました。

だから飲んでいる本人が【効果が感じられない】や【飲んでいて不快だ】となったら無理矢理に飲ませることって出来ないと思うんです。



医師からはあっさり「じゃ辞めてみましょう。」と言われました(笑)

「インチュニブを辞めてよかったという声もあるんですよ。まぁ2週間で完全に体内からなくなるから、その後の反応を見てからですね。」

とも言われてきました。


ちょうど今日がインチュニブを飲まなくなってから1週間。

まだまだよくわからない。

効果はなかったように感じる。


さて、この後、どうなるかな?




最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチっと押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



posted by なっこ at 00:00| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

脳とアロマの関係

発達障害とは、生まれつき脳の発達が通常と違うとか、脳の伝達がうまくいっていないなどと聞きます。


運動も脳の発達を促します!


脳への刺激って発達障害の子供にとってはとっても大事だと思っている私です。


それなのに手を骨折してしまい、全然運動とは程遠い生活を送っている息子・・・


激しい運動はしばらくお預け・・・


あぁ、脳がぁぁぁぁ・・・・(笑)



そんな中、足裏のマッサージを始めた私と息子ですが、マッサージをするにあたってマッサージオイルがあるといいなと思いました。

最初はオイル無しでやってました(笑)


そしてマッサージオイルと言うと【アロマオイル】だ!

となり、もしや息子もアロマオイルで精神的に癒やされるとかあるよね?

きっと息子にも有効かもしれないと思い調べてみました。



発達障害の子どもたちと一緒に作ったアロマオイルまで売られていました!


直接発達障害にどうのこうのとはないのですが、アロマオイルでマッサージすることによりストレスの緩和になるそうです。

息子は学校では結構な割合で怒っています。イライラしているんでしょうね。


そういう場合は常に交感神経が優位になっていてかなりのストレス状態だそう。


これが長時間続いているとなると心も体も休まる暇はないですよね・・・


そんな緊張や体のこわばりをアロマオイルでマッサージをすることで和らげられるそうです。


調べると【発達障害とアロマ】の研究は今現在では進められている最中だとか。

ですが、発達障害の子供にマッサージをすることによって良い傾向が現れることが書いてありました。

アメリカでは、ADHDの青年にマッサージを施したところ、ハッピーになったと感じるようになり、多動も減少したという報告があるんですよ。就学前の子どもの調査は、スウェーデンで行われました。報告によると、マッサージされることで社会性、注意力、攻撃性の問題が改善されたそうです。

トビラコ 朱先生のインタビューより引用




きっと発達障害の子供に限らず、大人も子供も同じですよね。

慣れない環境で頑張っていれば、心も体も緊張する。


しかも匂いというのは直接脳を刺激するそうで、アロマによって精神的に癒やされてマッサージによって体をほぐすなんて一石二鳥ですね!


善は急げ!で息子と一緒にアロマオイルを買いに行きました!


息子は臭覚過敏もあるので、息子が大丈夫な匂いを使いたくて一緒に探しに行きました。

やはり自分の好きな匂いに包まれたいものですよね。


【生活の木】に行くと、私の方がワクワクしました~(笑)


私もアロマは大好きで、不眠になった時はアロマを嗅いでみたりしました。


特にローズが大好きで・・・私の話じゃないか(笑)


とりあえずマッサージオイルを探したら3種類ありました。

私はローズが良かったけれど・・・(笑)



リラックス効果のあるラベンダーが入ったマッサージオイルを息子に嗅がせたらオッケーが出ました!


よし!今晩からこのマッサージオイルで極上マッサージをしてやるぞ!(笑)





まずは少量から。


もしかして息子のことだから、体調や気候によってはこの匂いが嫌だ!などと言いかねない!と思い、少量にしてみました。

違うオイルも買っておけばよかったなと少し後悔!

日によって変えてあげることも気分の切り替えになって良いかもしれませんよね。

とりあえず!試してみよう!



私が欲しかったオイルはこちら→


自分用にも買えばよかったな(笑)


そして、ラベンダーの香りを携帯させたいなとも思ったのですが、色々な匂いが充満している店内。

息子が長い時間居ることが出来ず、マッサージオイルだけを買って早々に引き上げました。


私自身も好きなのだからアロマに関して勉強してみようかな?とも思っています。







もちろん独学で・・・(笑)




posted by なっこ at 11:47| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

息子に足裏マッサージを施し始めました!足裏と体と心の関係

前に息子にやっていた足裏マッサージ。


息子が痛い!というので辞めていました。


最近、息子が「足が痛い!足を振ってくれて!」ということが増えたので、ついでに足裏もマッサージしてあげていました。


そうすると気持ちいいのか、最近では毎晩のように「マッサージして!」と言ってくれるようになりました。

良いことも本人が「気持ちがいい」と受け取れなければ良いことになりません。


今がマッサージをするチャンスなんだ!と感じたので、色々と調べてみました。


靴のやまごんさんのサイトが一番参考になりました。



足裏マッサージ、特に技術などはいらないみたいです。

足裏全体をまんべんなく揉んでほぐしたら、気になる部分を揉んであげるといいそうです。

特につま先の根本辺りから後ろ辺りに内蔵の反射区が詰まっているので、そこをマッサージすると、内臓機能の改善につながることもあるそうです。


asiura.jpg



固いな?と気になる部分があった場合、こちらの表に照らし合わせると体のどの部分が不調なのかわかります。


親指は【頭】だそうで、親指が固いと頭が疲れているそうです。

たまに爪を立てて少しだけ刺激を与えてあげてもいいそうです。

息子のようにイライラしやすい子は特に親指の頭を優しく揉みほぐしてあげるといいと聞きました。


子供にはあまり痛気持ちいいがないらしいので、痛くない程度で揉みほぐしてあげることが大切だそうです。


親子のスキンシップにも繋がるそうで!

一石二鳥ですね✨


他にもマッサージにはこんな器具も使っています。

マッサージテトラ!という名前らしい!!!

マッサージテトラ.JPG



肩にも足裏にも使える便利なやつです✨

そして頭にも使えるんです!

頭のてっぺんに当てて下の方へゆっくり下ろすとツボに当たるのか、すごく気持ちがいい!

頭痛があるときなんかもこれを使って頭をほぐすと和らいだりします。

顔と頭皮の境目なんかもとても気持ちがいいです。

息子もこれで頭をマッサージされることがお気に入りです🎵



アマゾンにありました!


無印にもあるそうです!





少しでも息子のイライラが減りますように・・・


寝る前のリラックスした時にマッサージしています。


学校に行く前にもした方が効果があるのか?(笑)


色々とやってみたいけれど、お互いに負担がないようにね(笑)


そしてただ単にマッサージだけでは物足りない!と感じた私は【アロマオイルでマッサージ】に移っていくのです。





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチっと押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




posted by なっこ at 00:00| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

嫌なことは徹底的に嫌!からの脱却!【フッ素編】

特性ゆえなのか何なのか?


嫌なことは徹底的に嫌がる息子です(笑)


そりゃそうだ。注射とか痛いから嫌だよね。なんで痛い思いするのかわからなかったら嫌だよね。


6歳になり、説明すると少しづつ理解が出来るようになってきている息子です。

それどころか説明がないと理解が出来なくて学校では【暴言、暴力】に走ってしまいます💦


先生もね、いちいち納得するまで説明できないもんね・・・



【フッ素】もその一つでした。

始めは出来る子なんです(笑)


フッ素も小さい時は何とか出来ていましたが、3歳児検診の時にフッ素どころか検診自体を嫌がり、フッ素どころではありませんでした(笑)


フッ素も出来ずにいた時にちょうど「歯が痛い!」と訴えたので初めての歯医者に行くことになりました。


痛い歯は何事もなかったのですが、隣の歯が虫歯だった(笑)


そして虫歯を治療してもらい、フッ素の相談をするとあと2回治療をすると保険適用でフッ素が受けれると教えてもらいました。


2回の治療は歯の凹凸を治す治療をしてもらいました。



そしてフッ素が保険適用で病院でしてもらえることになり、いざ!フッ素を開始!!!!!


なんてことでしょう✨

嫌がることもなくすんなりと出来たではありませんか!



治療で通っていたときも器具の説明からこれから何をするかの説明までを先生に聞いていた息子ですが、先生もいつも丁寧に答えてくださって本当に助かりました。


フッ素もそんな説明を受けて難なく成功!


と思ったら(笑)



2回めのフッ素でまさかの大騒ぎ!!!!!


椅子に座らないし、暴れるし、口開けないし・・・(笑)



息子の場合、一度目に出来たからって二度目も出来るとは限らない事を知る母でした(笑)


先生も「前回はすごい上手に出来たよ!」と褒めてくれてもダメ!


私も「出来たら家に帰ったらゲームやろうよ!」とご褒美をチラつかすもダメでした(笑)


その日は先生も諦めて「じゃぁフッ素を塗ったらすぐにうがいをしていいよ!その代わり、次は10分我慢しよう!」と言ってくれました。


そしてフッ素を塗ってすぐにうがいをする息子・・・(笑)



先生と約束をして3回目のフッ素。


次は暴れはしなかったけれど、嫌だとダダを捏ねる息子・・・


口を開かない(笑)


先生も「約束したじゃん!」と言うもダメ。

私も前もって「ご褒美が何なら頑張れる?」と聞いて本人より「ゲーム!」と言うので出来たらゲームのご褒美の約束をして望むもいざとなったらダメになったそうで・・・



私「ご褒美が待ってるよ!?あれ?ゲームしないの?」

息子「いい!しなくていい!フッ素はヤダ!」


となってしまったのでした。


しかし先生から「大人の歯の前歯が少し白くなっているよ。溶け始めていますね。けれどまだフッ素で石灰化出来るので何とか防げます。」と言われてしまったのでした!


その時は息子に「フッ素しないと歯が溶けるぞ!」と言ってもダメでした。


先生も諦めて「今回はこの前歯二つだけフッ素を塗りましょう。」

前歯2本フッ素を塗ってもらいました。(笑)



この時に、先生から普段何を飲んでいるかを聞かれ「オロナミンC」と答えた私。


苦笑いな先生(笑)「歯、溶けますね(笑)」


そこで私は帰宅してから息子に言いました。

私「今日からオロナミンCもジンジャールも禁止です!ただでさえ歯が溶けるのにフッ素も出来ていないのです。大人の歯が溶けたら困るので禁止します!」



そう息子に告げると速攻でブーイング(笑)


私「それならフッ素をしてください!!!!!」

息子「次はガンバるから!!!!!」



普段なら頑張ったところを見せないと許可しないのですが・・・

次のフッ素まで3ヶ月先・・・(笑)


息子を信じて、炭酸を飲んだ後にうがいをしたり、水やお茶を飲むことを条件に許した甘い母です(笑)






そして待ちに待ったフッ素の日。

今日は4回目のフッ素。


フッ素の度にどんどん塗れる範囲が狭くなる息子(笑)

虫歯の話もたくさんしてきているし、ご褒美も用意した。

果たして何が足りないんだ!?と模索する私。(笑)



3回目の失敗したフッ素の後に息子には虫歯の怖さ、フッ素の大切や、歯磨きの大切さを何度も言い聞かせてきました。

大好きな炭酸もフッ素が出来なければ飲めない!と言いつつも飲ませてしまっている私。

本当にフッ素をするまで飲ませない事をしたら、4回目は成功するのかな?

飲ませているから今回もダメかな・・・

不安もありましたが、冷静になったら話を理解できる息子!【次はちゃんとフッ素をする!】と約束してくれました。






そして4回目のフッ素。


ご褒美を用意していないのに!!!


きちんと約束を守ってくれた息子でした!!!


フッ素して30分何も飲まないこともきちんと守れました!


偉い!!!!


時間をかけて説得をする大切さ、むしろ時間をかけないと納得できない息子を知りました。(笑)


今回は何が息子に響いたのかな?


よくわからないけれど、ご褒美なしで達成できたことに成長を感じた私です。


けどね、ここ褒めると「ご褒美は!?」になるから内緒にね(笑)





最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチっと押していただけると励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





posted by なっこ at 10:09| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする